映画「新感染」の感想

その他

映画「新感染」を見ました

Netflixで映画「新感染」を見ました。その感想です。
ざっくり感想ですがネタバレも含まれるかと思います
気になる方は回避してください。

ざっくり説明

なんだろう、ゾンビ映画…?いやゾンビじゃない…?の韓国映画です。
とにかくゾンビみたいな状態になってしまう人たちから逃げるお話です。
メインの舞台は走行中の車両内です。
狭い空間でそんな状態なものだから、緊迫感があります。

このジャンルとしてはそんなにグロくないです。(私見)

感想

おもしろかったです。
スピード感があってハラハラして人間の良いとこ悪いとこがあって、ゾンビ(?)映画として鉄板だと思いました。

なんと言ってもゾンビ(?)のみなさんの足がとっても速い
ちょっと笑ってしまうくらい速い!みんながんばってる!
しかも発症はほとんどの場合かまれてすぐ。食欲メインで襲ってくるのではなさそう。
知能は低めで五感は鈍いものの、それ以上の足の速さと強い感染力と数の多さ。
映画やドラマのゾンビ(?)にはいろいろタイプがあれど、やっぱり速いのは怖いです。

吹き替え版で見たのですが登場人物の一人の声が小山力也さんだった瞬間、
強キャラを確信し安心感がありました(笑)
少なくとも、絶対すぐにはやられない。
実際頼もしい強キャラでした。

細かいところでは「そうはならないのでは?」と引っかかる部分がいくつかありましたが
全体として見るとテンポが良くとても楽しめました。

最後の方でちょっとした伏線回収のようなこともありました。
ハッピーエンドではないけど完全な絶望エンドでもない。

ダレないゾンビ(?)映画を見たいときにはオススメです。

この映画に限らずサバイバルものを見るといつも思うんですけど…
登場人物の体力がすごい。
やっぱりいざというときのためにも、最低限の体力は保っておきたいですね!

タイトルとURLをコピーしました