映画「スーサイド・スクワッド」の感想

その他

映画「スーサイド・スクワッド」を見ました

Netflixで映画「スーサイド・スクワッド」を見ました。その感想です。
関連作品知識0の軽い感じの感想ですがネタバレも含まれるかと思います。
気になる方は回避してください。

ざっくり説明

DCコミックスの同名のスーパーヴィラン・チームをベースにした2016年のアメリカ合衆国のアクション映画。

https://ja.wikipedia.org/wiki/スーサイド・スクワッド_(映画)

ざっくり言うと

政府のお偉いさんが、捕まっている悪人たちの力を利用して敵に対抗しようとするお話です。

感想

おもしろかったです。見入ってしまいました。

お話にはツッコミどころが多い&薄く感じる部分などもありましたし、
戦闘シーンは暗くて見づらいところもありましたが、
細かいことはいいんだよ」派なのでとても楽しめました。娯楽万歳!

アクションとCGと、それからもちろんアクの強い登場人物が良かったです。
最終決戦突入前のCGは見ていて「漫画かゲームか!?」と感じましたが、実際漫画なんですよね(笑)
実写化のCGでそう感じるって意外とあまりないので新鮮でした。

関連作品の知識がまったくなくても、置いてけぼり感はほとんどありませんでした。
ジョーカーとハーレイクインのシーンでわからないところがあったので後でggった程度です。

好きなキャラクター

ディアブロがかっこよかったです!
炎を出せて扱える元ギャング(今はおとなしめ)
みんな悪い中でも過去が相当ひどいんですが能力がかっこいい!
終盤見せる力が名前通りでかっこいい!!ずるい!

ハーレイクインはやっぱりめちゃくちゃにかわいかったですし
ボロボロ時のエンチャントレス(魔女)も野性味あって好きです。

タイトルとURLをコピーしました