写真を元に ゴム版/消しゴムはんこを作る

作り方など

写真を元にはんこを作る

自分で撮った写真を元にしてはんこを作る方法です。

写真を見ながら自分で描く→はんこにするのではなくて、
写真を印刷して作るやり方です。

※境目がわかりやすい単純な物向け

(今回はパソコンを使用していますが、スマホでもできると思います)

写真を用意する

今回は折り紙で折ったカブトをはんこにします。

折り方を忘れていたのでggって折りました。

手持ちの折り紙から適当に選んだだけなので、はんこでは柄はスルーします(‘Д’)

…これだけ単純な形の物だし、このまま印刷しても彫れるかもしれない…(笑)

加工して写しやすくする

画像加工ソフトでゴム版/消しはんに写しやすいように加工します。

(フリーソフト(Jtrim)で鉛筆画加工をしたところ)

(↑からさらに2階調化をしたところ)

こんな感じで輪郭がわかりやすいように調整して、印刷します。

便利なサイト

今回この記事を書くにあたり他の手段はないかとggってみたところ、

写真でぬりえをつくろう。

というサイトを知りました!

こちらで加工してみるとこのような感じになりました。

こっちの方がきれい&わかりやすいや!!!

印刷して通常通りはんこを作る

一度印刷してサイズを見て、拡大/縮小コピーや画像で調節をしたりなんかして良い大きさにできたら、
いつも通りはんこを作ります。

私は今回は3㎝×4㎝に納まるサイズにしました。

はんこのいつもの作り方はこちらにあります↓

できあがり

↓の2つのはんこには明確に違うところがあるよ!探してみよう!

(ただの失敗です)

いろいろ遊んでみると楽しいかもしれません🤩

タイトルとURLをコピーしました